お問い合わせ

RBO-Fieldとは

企業が抱えるインフラ保守運用の課題

  1. コストの課題

  2. 担当者の課題

  3. 品質の課題

RBO-Fieldの「AI+ノンプログラミング」ですべてが解決

導入のメリット

コスト削減

インフラ保守運用現場の無駄を大幅に削減し、情報システム部門のコスト削減と効率化を実現します。

900万円/年のコスト削減 + リソース確保を実現

  • ※当社 OS バージョンアップ検証

  • ※Python の一般的な学習時間と比較

  • ※既存体制が運用者 4 名の場合

働き方の改革

誰でも直観的に使えるGUI操作のためノンプログラミングを実現可能。働き手不足や属人化から脱却できます。
また、障害の事前検知や障害発生後の復旧も自動で行うため、 監視業務は24時間365日の張りつきが不要。

内製化の実現

導入コンサルティング、設定、トレーニング、利用中の問い合わせまで対応。きめ細かなサポートで外部への委託は不要となり、内製化に向けた土台作りができます。

様々な機器の設定投入を省力化し、
ノンプログラミングを実現できます。

また、プログラミング作業が不要ですので、教育コストを抑えることも可能です。24/365体制の自動監視/復旧は勿論のこと、コマンドの投入/判定を自動化し、ヒューマンエラーを削減できます。

※障害予兆検知/障害自動復旧に使用するログの取得に関しては監視サーバとも連携可能です。

簡単な操作で、自動化ツールを作成できます。

運用手順書を基に日々の運用業務を行っている運用ご担当者様に、かんたんなGUI操作と処理のルールをインプットしていただくことで、自動化ツールを作成できます。
この自動化ツールのことをワークフローと呼びます。
運用ご担当者様がイメージしやすいよう、運用手順書に記載されている章立てや手順(=コマンド)を記載していくことで自動化ツールの作成が可能です。

お気軽にご相談・お問い合わせください

ご要望・ご予算に合わせてお見積もりいたします!

資料請求・お問い合わせはこちら